深浅測量

深浅測量は、海底、湖底の地形を把握する測量技術で、測量船に音響測深機を取り付け、発射された音波が海底(湖底)で反射して戻る時間を取得、水深に換算して地形をコンターラインで表すものです。

この技術の要点は、水中部の測深技術と測量船位置の船位決定技術で、測深技術には、シングルビームやマルチファンビームの音響測深機を利用します。船位決定技術には、人が六分儀やレーザー測距儀を用いて測量船の位置を測る方法から、GPSや自動追尾トータルステーションを用いた高度な測量技術があります。

特徴

水中部の測深技術
  1. シングルビーム方式は、単一断面の成果が得られるもので従来からの技術です。
  2. マルチファンビーム方式は、高精度な三次元の鳥瞰図の成果が得られるもので、近年の新技術です。

測量船位置の船位決定技術

  1. 六分儀、レーザー測距儀を用いる方法は、簡易ですが測量精度は低いといえます。
  2. GPS利用は、シングルビーム方式、マルチファンビーム方式ともに適用できます。これには、D-GPS方式と、更に高精度のRTKGPS方式があります。
    自動追尾トータルステーションを用いる場合は、GPSができない狭隘な山岳地のダム湖等に適用します。弊社は、観測環境と費用対効果(要求品質)を勘案し最適な組合せを提案いたします。

当社の提案する深浅測量(高精度GPS・ソナー搭載自律走行無人ボート)

一般的な深浅測量は、有人船によるレッド測深、ロッド測深または音響測深で対応していますが、当社の提案する深浅測量は、高精度GPS・ソナー搭載自律走行無人ボートを使用したものです。
主な特徴

(1)使用機種

  1. RC-S2 無人リモコンボート
    コデン株式会社
    高精度GPS・ソナー搭載自律走行無人ボート

(2)優れた経済性

  1. 運搬からリモコン操作によるオペレーションまで、全て一人で行うことができます。
  2. 従来の作業時間、及び人件費の大幅削減ができます。
  3. 通常の有人調査船使用時のような大掛かりな準備は不要。

(3)調査作業がより安心・安全

  1. 有人ボートでは困難な浅瀬(水深0.5mから可能)や危険水域への調査が可能です。
  2. 座礁、転覆、転落等事故の危険性がありません。
  3. 電動モーターのため、排煙・油流出が無く、低騒音です。

用途

  1. 護岸、岸壁、防波堤等の設備維持管理に係わる根固部、前面部の形状変形調査
  2. 船舶の航行、着桟に係わる桟橋前面、航路水深の確認調査
  3. 海底ケーブル、海底ガス導管等の設備維持管理に係わる地形変状調査、建設工事に係わるルート調査、陸揚げ地点等の海底調査
  4. ダム、河川、湖沼の堆砂量調査
  5. 海洋工事、浚渫、埋立工事に係わる出来形管理精密深浅測量

→ 高精度GPS・ソナー搭載自律走行無人ボートRC-S2の詳細はこちらをご覧ください

  1. 3次元地上計測について>>
  2. 空中3次元計測について>>
  3. 動画配信について>>