空中3次元計測

クレーン車を使ったレーザースキャン、および、写真撮影を行います。

従来の航空機を使ったレーザー計測より、安価な費用で計測が可能です。

特徴

 篠田重機株式会社(埼玉県三郷市)様のご協力を得て、建設現場にて使用されているクレーン車の先端に、バードビジョンステージ(多目的自動水平台)、または、バードビジョンボックス(超高々高度高所作業車)を取り付け、地上型3Dレーザースキャナー測定機を設置し、上空からの3次元計測を可能にしました。

 最大60m上空より、360度3次元計測が可能となり、航空レーザーより安価で計測が行え、クレーン車は全国どこからでもチャーターでき、クレーン車が設置可能な場所であれば、どこからでも計測できます。

測定距離は半径200M、オーバースキャンモードで350Mまで計測可能です。

用途

  1. 上空からのレーザー計測を安価に行いたいとき。
  2. 計測地点と計測物との間に障害物があるとき。
  3. 庭園等の維持管理を上空からの計測データにより可能。

→ バードビジョンステージ、バードビジョンボックスの詳細はこちらをご覧ください

  1. 3次元地上計測について>>
  2. 深浅測量について>>
  3. 動画配信について>>