補償とは公共事業(道路拡幅・区画整理等)により移転を余儀なくされる建物(木造建物・非木造建物等の複雑な建物)及び塀や門扉、看板などの工作物・庭木等の立竹木の調査を行い、用地交渉の根拠となる建物の移転計画案の作成及び補償金額を算定する業務です。

土地調査

土地の権利者の氏名及び住所、土地の所在、地番、地目及び面積 並びに権利の種類及び内容に関する調査、並びに土地境界確認等の業務を行います。

物件調査

  1. 木造建物、一般工作物、立木又は通常生ずる損失に関する調査、及び 補償金算定業務を行います。
  2. 木造若しくは非木造建築物で複雑な構造を有する特殊建築物、又はこれらに類する物件に関する調査、及び補償金算定業務を行います。

営業補償・特殊補償

  1. 営業補償に関する調査及び補償金算定業務を行います。
  2. 漁業権等の削減又は制限に関す調査及び補償金算定業務を行います。

事業損失調査

事業損失(事業施行中又は事業施工後における日陰等により生ずる損失等)に関する調査、及び費用負担の算定業務を行います。

補償業務のこれまでの実績

補償業務のこれまでの実績はこちら>>