測量業務は、売買、土地の有効活用(建築・開発事業に伴う設計)に必要な境界や、建物・構造物、高低差などを計測し、図面を作成する業務を行っています。

境界確定測量

境界確定測量とは、土地の境界を調査確認し、面積の確定をする測量です。

法務局や官公庁の管理する図書に基づき、現地を調査測量し、隣地所有者と立会い、境界の確認を行います。

境界を確認した後に筆界確認書などの取り交わしをすることで、所有権の範囲を明確にし、境界のトラブルを防止することができます。

また筆界確認書は土地の登記(分筆登記、地積更正登記)手続きなどに添付する境界が確定している証明として使われます。

※ 筆界:登記上での境界

現況測量

ご依頼の内容に基づいて、地盤の高さ、建物の位置、上下水道設備などの位置、構造物などの種類を表示します。主に建築確認申請などに利用します。

  1. 平面測量・・・建物や構造物、設備などの位置を測定し図面を作成します。
  2. 高低測量・・・地表上の各地点の相対的高低差を定める測量で、水準測量とも言います。
  3. 中心・縦横断測量・・・設計に必要な中心線測量、縦断測量、横断測量を行い、設計の元になる図面を作成します。

 

一般測量業務のこれまでの実績

一般測量業務のこれまでの実績はこちら>>